氷頭なます

氷頭なますとは・・・

氷頭なます(氷頭膾・氷頭生酢・ひずなます・Hizunamasu)は、

鮭の頭の先端部にある透明な軟骨を薄切りにし、塩をした後、酢につけてなますにしたもの。鮭の氷頭なます。こりこりとした食感を持つ珍味として知られる。

スポンサードリンク

「氷頭」の名の由来は、氷のような透明感を持つその見た目から。

主に北海道や青森県、新潟県、および岩手県の沿岸部で食べられており、地域により、氷頭を甘酢の大根おろしと和えたり、、柚子やはらこ(腹子=)をトッピングしたりする。

氷頭なます

Share