切り干し大根

切り干し大根とは・・・

切り干し大根(切干大根・切り干しだいこん・きりぼし大根・きりぼしだいこん・Kiriboshi Daikon)は、

大根を細切りにして天日干ししたもの。またはそれを戻してから出汁、、酒、砂糖などを加えて煮たもの。千切り大根。単に切り干し(きりぼし)とも。京ことばで「のきしのぶ(軒しのぶ)」とも呼ぶ。

スポンサードリンク

切り干し大根
切り干し大根

切り干し大根は通常、秋から冬にかけて製造されるが、寒さが厳しければ厳しいほど、甘くて質の良い「切り干し大根」となる。

切り干し大根の食べ方

切り干し大根をざっと洗った後、水で戻して、出汁と調味料、油揚げや椎茸、人参などと一緒に煮もの(切り干し大根煮・切り干し大根の煮物・切り干し大根)にするのが一般的。そのほか、水で戻したものに醤油やお酢をかけてそのまま食べたり、和え物や炒めもの、、サラダ、酢の物などにも利用される。また、漬物(はりはり漬け)にも用いられる。

切り干し大根
切り干し大根 
Share