小夏

小夏とは・・・

小夏(こなつ・Konatsu)は、

ミカン科ミカン属の淡黄色をした柑橘類の果物。高知県の特産品として知られ、程よい甘みと酸味が特徴。香り豊かでさわやかな食味を持つ。土佐小夏。

スポンサードリンク

生でそのまま食されるほか、ジャムやシャーベットなどにも加工されている。収穫期は4月から6月。高知では、この「小夏」が出回るのが初夏の風物詩といい、「小夏」が店頭に並ぶ様子で夏が来たことを感じる人もいるという。

4月下旬~5月の上旬に収穫、低温貯蔵することにより追熟し、梅雨時期から8月下旬頃に食べ頃を迎える「夏小夏」もある。

小夏は、高知県以外では宮崎県で「日向夏」、愛媛県や静岡県では「ニューサマーオレンジ」と呼ばれ、栽培、出荷されている。

小夏の栄養

ビタミンC、ビタミンB1、βカロチン(ベータカロチン)、ビタミンB2などを豊富に含有する。

小夏の食べ方

包丁やナイフで、「りんご」の皮をむくようにして、外側の皮を薄めに(中の白い皮が残るくらいに)むき、そぎ切りにして食する。一般的な柑橘類では苦味のあるものも多い白い皮の部分にも程良い甘みがあるのも特徴。そのままは勿論、砂糖や、塩を少々かけて食べても美味しい。

Share