鬼瓦焼き

鬼瓦焼きとは・・・

鬼瓦焼き(鬼瓦やき・おにがわら焼き・おにがわらやき・Onigawarayaki)は、
1. エビなどに用いられる法の一つで、殻ごと調理したもの。または、そうして作られる料理。鬼殻焼き。などの大きいエビを頭や殻がついたまま、半分に割り、だれ、醤ダレなどを塗って焼く。頭や殻がついた状態で半分に開いた様子が鬼の顔のよも見えることから鬼瓦焼きの名がある。

2. 主にに用いられる調理方法で、アマダイなどの魚の切り身を鱗がついたまま調理するやり方。またはその料理。鱗が熱でめくれ上がったような状態に仕上げたもの。。ウロコ焼きとも。

Share