風鈴そば

風鈴そばとは・・・

風鈴そば(ふうりん蕎麦・ふうりんそば・Furin soba)は、
江戸時代に、風鈴を下げてその音色で客を呼び込みながら売り歩いた屋台そば。風鈴蕎麦切。元文年間(1736年~1741年)頃には既に存在していたという。夜売りそばの一つ。江戸時代の職業・風俗を描いた「近世職人尽絵詞」にも風鈴を下げた屋台の様子が描かれている。

スポンサードリンク

Share