帆立稚貝

帆立稚貝とは・・・

帆立稚貝(ほたて稚貝・帆立ちがい・帆立ち貝・ほたてちがい・Hotate chigai)は、
ホタテ貝の稚貝。稚貝は、貝類が幼生の時期を経て岩などに付着し貝の形を備えて間もない状態のもののことで、ホタテ貝の稚貝の場合は養殖の際に間引かれたものなどが流通する。特に、茹でたものが「ベビーホタテ」などと呼ばれて流通する。酒蒸しや貝汁のほか、天ぷらやフライ、、カレーライス、バター炒めなどで食される。茹でたものはそのままワサビ醤油などで食することもできる。

Share