三重なばな

三重なばなとは・・・

三重なばな(三重ナバナ・ミエなばな・みえなばな・Mienabana)は、
アブラナ科アブラナ属の野菜の一つ。洋種アブラナの茎葉。三重のブランド野菜。主に伊勢平野で栽培されている。元々、江戸時代から伊勢平野では油(菜種油)取り用に菜種の栽培が行なわれてきた土地柄で、菜種をよりたくさん収穫するために、摘み取った若い茎や芯などを捨てずに「つみな(摘み菜)」として食用にしていたという。昭和30年ごろから「ツミナ」として市場に出荷、現在のような「なばな」に名称が統一されたのが昭和40年代のこと。さらに平成元年に三重県内のJAで「三重なばな」としてブランド化され、現在三重のブランド野菜として広く知られるようになっている。

三重なばなの食べ方

通常の菜の花同様、からし和えやおひたしのほか、味噌汁、天ぷら、炒めもの、鍋物などにする。

スポンサードリンク

Share