マース煮

マース煮とは・・・

マース煮(まーすに・Maasuni)は、
沖縄料理の一つで、魚をマース(・シママース)と水だけで煮込んだ料理。塩煮。

漁師が、採れたての魚を海の水で煮込んで作ったのが始まりといわれる料理で、
新鮮な魚をシンプルな味付けで煮込むことで、素材本来の味を楽しむことができる。

スポンサードリンク

魚は主に白身魚が用いられ、アイゴ(エーグヮー)、、ミミジャー(ヒメフエダイ)などが用いられる。

泡盛を少し加えたり、生姜や、シークヮーサーを入れることで、臭みを抑え、より風味豊かに仕上げることができる。

マース煮

マース煮

Share