しゃくしな漬

しゃくしな漬とは・・・

しゃくしな漬(しゃくし菜漬・しゃくしなづけ・Shakushinazuke)は、
正式名称を「雪白体菜」という野菜を漬けこんだもの。秩父の名産品。秩父地方の伝統的な保存食品、

しゃくしな漬

スポンサードリンク

標高が高く、冬の寒さが厳しい秩父で、白菜や大根の代わりに育てられてきた野菜で、しゃきしゃきとした食感が特徴。かつては、長い冬の間の保存食として、各家庭の主婦が冬になる前に一冬分のしゃくし菜漬を樽に漬けこみ、冬の間、家族で食したという。

乳酸発酵ならではのまろやかさに歯ごたえのある食感で、地元の人々のみならず、秩父を訪れる観光客にも人気が高い。

スポンサーリンク

Share