えびめし

えびめしとは・・・

えびめし(海老めし・えび飯・エビめし・ebimeshi)は、
数種類のスパイスが入った特製のえびめしソースでご飯を炒めたもの。岡山県岡山市のご当地グルメ。。ドライカレーやチャーハン、ピラフによく似た質感、真っ黒な色をした見た目が特徴。1966年(昭和41年)創業の「いんでいら」の社長が修行時代に東京の老舗カレー店で働き、持ち帰ったメニューが岡山で人気を呼び、岡山県民のソウルフード、岡山のご当地食と呼ばれるまでに広まったもの。「いんでいら」をはじめ、市内にある提供店がそれぞれ工夫を凝らした「えびめしソース」を絡めることにより、独特の風合いと色味となる。えびには小エビを使用、、付け合せとして、、コールスロー(またはキャベツの酢漬け)などを添える店が多いが、とろとろのオムライスのように仕上げられたものや、温泉卵、有頭海老のフライが一尾乗った豪華なものなどもある。また、スーパーマーケットやコンビニなどで、弁当や総菜、冷凍食品としても販売されている。

スポンサードリンク

Share