たたみいわし

たたみいわしとは・・・

たたみいわしは、
新鮮な生のシラス(主にカタクチイワシの稚魚が用いられる)を板状に平らに並べて天日で干したもの。

ハガキ大ほどの大きさの木枠に、きれいに洗った生のシラス(もしくは茹でたしらす)を均等に入れ、
水を切ってから簾の上にひっくりかえして並べていく。

スポンサードリンク

天日にあてて、からっと乾燥したら出来上がり。
しらすを乾燥させる際に、かつては畳表に使われるイグサの上に干していたことから、
「畳いわし」と呼ばれるようになったという。

主に静岡や神奈川の沿岸部で作られる特産品で、
「潮の風味」「魚の旨味」をダイレクトに感じられる食べ物。

たたみいわし

たたみいわし

たたみいわし

たたみいわし

Share