棒鱈

棒鱈(棒ダラ・ぼう鱈・ぼうだら・Bodara)は、
(マダラ・)を寒干ししたもの。干鱈(干し鱈)。江戸時代以前から作られている伝統的な保存食。北前船で京都をはじめとする各地に広まったといわれる。保存が効く為、特に山間部の貴重なタンパク源となった。

水で戻してから、、酒、みりん、砂糖などを加えて煮て食べたり(棒鱈煮・棒鱈の煮付け・棒ダラの醤油煮・棒ダラの甘露煮・棒ダラの煮物・棒ダラの甘辛煮)、芋(えび芋)などと炊き合わせて食べる。

主に新潟、福島、山形、京都および九州などで郷土料理、家庭料理、おせち料理、お盆料理などとして食べられている。

スポンサードリンク

Share