メトイカ

メトイカとは・・・

メトイカ(めといか・Metoika)は、
ヤリイカ科ケンサキイカ属のイカ「ケンサキイカ」の別名。ケンサキイカ(マルイカ)のうち、小ぶりなものを指す。主に三浦半島の三崎周辺で使われている呼び名で、三崎の名物になっている。

目が光るように見えることから「目灯イカ」、それが転じて「メトイカ」になったといわれる。メトウイカとも。

スポンサードリンク

小ぶりなため、ワタごと焼いたり、炒めたりと、丸ごと調理される事が多い。身は柔らかく、ワタは濃厚で甘みがある。旬は夏。

Share