アブラボウズ

アブラボウズとは・・・

アブラボウズの煮付けアブラボウズの

アブラボウズ(あぶらぼうず・Aburabozu)は、
ギンダラ科アブラボウズ属に分類される。体長は1.5~1.8メートルほどになるで、身にたっぷりと脂がのっているのが特徴。「あぶらぼうず」の名も身に脂がしっかりとのっていることから名付けられたといわれる。

煮付けにして食べることが多いが、や焼き、、ソテーなどでも食される。からにかけて。地域によりオシツケ(神奈川県小田原・静岡県)、オッツケ(神奈川県小田原)、アブラコ(北海道 / 地域にもよるが北海道ではアイナメをアブラコと呼ぶことが多い)、オキネウ(宮城県石巻)、クロウオ(東)、クロなどとも呼ばれる。

Share