狐寿司

狐寿司とは・・・

狐寿司(狐ずし・きつね寿司・きつねずし・キツネずし・キツネズシ・Kitsunezushi)は、
を使って作る寿司のこと。寿司(いなり寿司・稲荷ずし・稲荷鮨・)、稲荷の寿司、おいなりさん、いなり、油揚げずし、信太鮨・信太寿司・篠田寿司・信田寿司・、けつね寿司。

(すめし)・寿司飯(すし飯)を、醤油、などで甘辛く煮た油揚げに詰めたもので、主に大阪などで用いられる呼び名。

油揚げが稲荷神の使いであるキツネの好物とされることから。

油揚げに詰める寿司のほか、の上に、色々な具材と共に刻んだ油揚げをたちらし寿司も、キツネ寿司と呼ぶこともある。

Share