有職料理

有職料理とは・・・

有職料理(ゆうそくりょうり・Yusoku ryori)は、
奈良時代から平安時代、さらに鎌倉時代にかけて、宮中で発展していったといわれる貴族(公家)の接待料理、式典料理。3月3日、5月5日等の宮中の節会(せちえ)の際など年中行事や儀式で食された料理や、大饗料理と呼ばれる貴族が接待をする際に提供した料理の形式が発展したもの。現在、日本料理の形式として一般的な懐石料理(会席料理)(茶道から発展した形式)とは異なる、宮中料理・貴族文化から発展した日本料理の形式の一つ。

唐の影響を受け「台盤」と呼ばれる専用の台(テーブル)に全ての料理をのせる、出席する者の身分により様々な献立の違いがある、食べる際にも様々な儀礼・形式がある、など細かな礼儀作法や決まりごとが存在したが、時代の変遷とともに変わり、さらに本膳料理の影響なども受け、変化していったといわれる。現在、京都の料亭などで食べることのできる有職料理の形式は、江戸時代以降に確立したものとされ、例えば、「萬亀楼(※)」では、有職料理の形式として、

初箸(会席料理の「先付」にあたる料理)
添え(会席料理の「小付」にあたる料理)
椀物
お造り
嶋台

といった形になっている。(※)店主は、生間流の家元で30代目生間正保もある小西氏。

有職料理が食べられるお店

名  称:
有職料理 萬亀楼
所 在 地:
〒602-8118 京都府京都市上京区猪熊通出水上ル
問い合わせ:
050-3460-2193 075-441-5020 FAX:075-451-8271
交通:
阪急京都線 大宮駅 車10分 / JR京都駅からバスで約15分 / 京都市営バス 堀川下長者町停留所から徒歩3分
駐 車 場:
営業 時間:
12:00~15:00 17:30~21:30
営業 期間:
通年
定 休 日:
水曜日・年末年始
席  数:
60席 (座敷席有)
関連サイト:
萬亀楼(外部リンク)
Share