姫竹

姫竹とは・・・

姫竹(姫たけ・ひめたけ・Himetake)は、
イネ科ササ属の植物「チシマザサ」の若竹の地域名。山菜の一種として知られる。

チシマザサは、北海道、東北地方、信越地方、山陰地方など、広い地域で食されており、地域により、「根曲がり竹(根曲竹・ネマガリタケ)」「根曲がりタケノコ」「笹の子」「笹竹」「姫筍(ヒメタケノコ)」「アサヒザサ」「月山竹」「月山筍」「細竹」「ジダケ」「ゴサンチク」「山竹(ヤマダケ)」とも呼ばれている。単に筍(たけのこ)といった場合にこのチシマザサの筍を指す地域も少なくないが、「姫竹」は音や字面が綺麗なので、料理店や販売店の表記などでは好んで用いられる。

スポンサードリンク

姫竹の食べ方

姫竹は、いわゆるタケノコに比べるとアクが少ないので、採取した(または購入した)新鮮な姫竹をそのまま焼いたり茹でたりして食べる。そのほか、、味噌汁、、和え物などで食する。

スポンサーリンク

Share