尾張大根

尾張大根とは・・・

尾張大根(尾張だいこん・おわり大根・おわりだいこん・Owari daikon)は、
愛知県の尾張地方で伝統的に栽培されている大根。江戸時代から栽培されている「尾張大根」は、味噌と共にその名を広く知られた大根で、その味は「日本一」ともいわれるほど評判が高かった。「宮重大根」「方領大根」が尾張大根の二大品種で、尾張の各地域で生産された大根は、江戸時代中期頃には「尾張大根」としてその名を広く知られていたという。現在最も生産量の多い青首大根系は「宮重大根」を、関東で著名な「練馬大根」は「方領大根」をそのルーツにもつともいわれ、全国的にも評判の高かった「尾張大根」が、その味のよさゆえに各地に広まっていったと考えられる。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Share