せん団子

せん団子とは・・・

せん団子(せんだんご・セン団子・Sendango)は、
対馬の郷土食、保存食。「せん」は、島では孝行芋とも呼ばれるサツマイモのでんぷんから作る粉で、せん団子は、それを丸めて天日干しさせた保存食。白い団子状をしていることから、せん団子の名がある。

食べる際には水で戻して麺状にして茹で、郷土料理「ろくべえ」にする。作る際に千の手間暇がかかることから、「せん」の名がついたといわれ、サツマイモを砕き、幾度も水で洗い、発酵させ、乾燥させ、完成までに4ヶ月かかる。親から子へと伝えられてきた伝統食。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Share