山内にんじん

山内にんじんとは・・・

山内にんじん(山内人参・山内ニンジン・さんない人参・さんないにんじん・Sannai ninjin)は、
秋田県の横手市山内地域で栽培されている人参の一種。横手市の特産品。長さ30センチメートルほどの大きな人参で、濃いオレンジ色をしており、身が締まって固く、甘味や香りが強いのが特徴。地元では主に生のまますりおろして、または味噌漬け、天ぷらなどに用いられる。煮崩れしにくく、煮物、鍋物などにも適している。また、大根の代わりにいぶり漬けにした「いぶり人参」が作られ、市販されている。

スポンサードリンク

Share