共酢和え

共酢和えとは・・・

共酢和え(とも酢和え・ともず和え・ともずあえ・Tomozuae)は、
あんこうなどの魚介類の身や皮を、酢味噌に肝を加えて和えたもの。身や皮を、、砂糖などを加えて伸ばした肝で和えたもの。和え物の中の「共和え」の一種。肝和え。食材を和える際、「和えるもの」と「和え衣」が、同一の食材の「身や皮」と、「」であり、さらにお酢が入るので「共酢和え」の名がある。あんこうを用いた「あんこうの共酢・あんこうの共酢和え(あんこうのとも酢和え)・アンコウ共酢和え」や、あわびを用いた「あわびの共酢・あわびの共酢和え(あわびのとも酢和え)・アワビ共酢和え」などがあり、「あんこうの共酢和え」は、茨城の郷土料理になっている。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Share