箸休め

箸休めとは・・・

箸休め(箸やすめ・はしやすめ・Hashiyasume)は、
「口をさっぱりさせる」「気分・雰囲気をかえる」等の目的の為に、
食事の最中、献立の合間に供される惣菜、おかず、

しっかりとした味わい、風味をもつ焼き物や揚げ物、鍋、ご飯ものなど、
献立の主体になる料理の間に供される。
酢の物や漬け物、和え物、吸い物など、酸味や甘みがあるもの、淡白で薄味のものなどが多く、
例えば、油(脂)などでこってりとした口の中をリセットし、
気分を変化させることにより、
主体となる料理を引き立てたり、
次に続く料理の風味や味わいを、
より楽しめるようにする。

スポンサードリンク

正式な日本料理では、料理と料理の合間に箸を休ませ、箸先を清めるという意味合いもあり、小吸い物など、汁仕立てのものである場合が多い。箸洗い。

Share