菌床栽培

菌床栽培とは・・・

菌床栽培(菌しょう栽培・きんしょう栽培・菌床さいばい・きんしょうさいばい・Kinsho saibai)は、
シイタケ(・しいたけ)などのキノコの栽培方法の一つで、おがくず(おが粉)に米糠やふすまなどの栄養分を混ぜたものを培地に、キノコの菌を混ぜ込んでブロック状に整形した「菌床ブロック」とよばれるものを用いて、空調設備などを備えた施設で栽培する方法。切り出した木を用いて、菌を植え付けて栽培するものを「原木栽培」と呼ぶ。「菌床栽培」で栽培される主なキノコに、シイタケ、舞茸、ナメコ、ブナシメジ、エノキタケ、エリンギ、ヒラタケ、ハタケシメジ、ヤマブシタケなどがある。

スポンサードリンク

Share