煮ころがし

煮ころがしとは・・・

煮ころがし(煮転がし・にころがし・Nikorogashi)は、
(下ゆでした)、里芋などを、少量の煮汁で、焦げてしまわないよをゆすったり、菜箸などで随時転がしながら、煮汁がなくなるまで炒り煮にしたもの。またはその。イモのほか、人参、筍、キノコなどが用いられる。「煮っ転がし(煮っころがし・にっころがし)」「煮ころばし(にころばし)」などとも。通常、醤、みりんなどが入った煮汁で炒り煮にする。じゃがいも、里芋などを煮転がしにする際に、、イカ、アサリなども加えられることがある。(「里芋と鶏の煮っころがし」「牛肉とさといもの煮ころがし」「じゃがいもとイカの煮転がし」「里いもとの煮っころがし」など。)

Share